ボッチャボールの中身ってなに?重さと硬さの調整は手作りならどうする?

ボッチャのボール スポーツ・競技

障害者が、車椅子に乗ったままできる、高齢者でも健常者でもスポーツに「ボッチャ」があります。

個人やチームの対戦式で、目標の白いボール(ジャック)に赤や青のボール6球ずつを、どれだけ近づけることができるかを競うスポーツです。

絶妙な重さや硬さのボッチャボールの中身はいったい何が入っているのでしょうか。

ボッチャボール重さや大きさはルールで決まっています。

ルールさえ守ればボッチャボールの硬さや中身は自分が握りやすい、転がしやすいもので自作することもできます。

自分で作ったマイボールでボッチャに参加する場合、ボッチャボールの中身や重さ、硬さの調整について解説します。

スポンサーリンク

ボッチャボールの中身はなに?

ボッチャは、ジャックボールに近づけるために自分のボールは、投げる・転がす・蹴ることができます。

そして、相手が置いたボッチャボールを弾いたり、自分のボッチャボールをジャックボール(目標ボール)に近づけるために相手ボールにあえてぶつけてずらしたり、自分が優位な位置にボールを置いたりするゲームです。

その内容が少し、冬のオリンピックスポーツであるカーリングに似ています。

そのため、ボッチャボールはある程度の硬さや重さで転がりすぎないようにボールの材質(表面や中身)を考えなければなりません。

ボッチャ競技大会では、検査担当者などにより競技の前にボールを含む用具の検査が行われます。

ボールが公式の基準を満たしており、赤色と青色が明確に判別でき、明らかな切れ目やシールを貼るなどの改造が無ければ、マイボールでも良く、商標の無いボールでも構いません。

また、ボッチャボールの中身については特に規定はありません

市販されているボッチャのボールの中身は、細かいビーズクッションのビーズ(米粒より少し小さめ)のような小粒のプラスチックが多く詰められています。

それよりも少し重めの黒い小粒のものが少量、重さの調整で混ざって入っています。

マイボールの人は、中に豆や米などを入れたり、巻くテープの材質などで工夫しています。

お手玉みたいですね。

ボッチャボールの重さと大きさ

ボッチャボールの重さと大きさ(周長)の基準は、重さ:275g±12g周長:270mm±8mmです。

ボッチャボールの重さ:263g~287g
ボッチャボールの大きさは周長:262mm~278mm

市販のボールは結構高価なので、手作りボールで競技に参加する人も多いですね。

ボールの外皮は持ちやすく滑りすぎないために、合成皮革を球になる型紙に合わせて縫い合わせ、中身を入れて球状にします。

重さと大きさを調整しながら糸で縫って作りあげるので、意外と手間がかかります。

競技をする人の中には、市販の球を大会で使い、うまく作れなかったマイボールを練習用に使っている人もいます。

スポンサーリンク

ボッチャボールの硬さの調整は?

ボッチャボールの硬さを調整しないと、ボール自体を握りづらく微妙に投げづらいとか、あまり柔らかいと転がらないのでジャックに近づけることができない、ということがあります。

そのようなときは、ボールの硬さの調整が必要です。

ボールの外皮も合成皮革や豚皮などの材質や、厚さで使い分けている人もいます。

一般的に硬さを調整するには、ボールの縫い目に沿って小さく切り開き、中身を減らしたり、加えたりします。

この時も、大きさと重さを計りながら硬さを調整して、しっかり縫い直しましょう。

まとめ

ボッチャのボールの中身については、特に基準がないということがわかりましたね。

ただし、ボッチャのマイボールの場合は、重さや大きさの基準を守り、試合前の検査に合格するように作ってくださいね。

ボッチャの競技は市販や自作でも、自分に合った握りやすさ、硬さのボールを使いこなして、良い成績を目指しましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました