ボッチャとはが簡単に分かる!ボッチャのゲームルールと人数と投げ方

ボッチャのボール競技 ボッチャ

2020年は東京でもパラリンピックが開催され、22種類のパラスポーツ競技が行われます。

そのパラスポーツのなかでも「ボッチャ」という競技の名前をご存じですか?

パラスポーツの競技種目は、バトミントン、サッカー、バスケット、水泳など健常者の競技大会でも行われるスポーツなら観戦する人もルールはある程度わかりますよね。

パラスポーツの「ボッチャ」という競技はあまり知られていませんが、障がい者も高齢者も誰でも参加出来る人気のスポーツなのです。

ここではボッチャとは簡単にどんなスポーツなのか、ボッチャのルールやゲームの人数、またボールの投げ方をはじめ、特徴などをわかりやすく解説いたします。

スポンサーリンク

Pick Up
▼その他ボッチャの基本ルールから手作りの用具まで▼
障害者スポーツのボッチャルールは簡単!ジャックボールに近づけるだけ!

ボッチャとは簡単に説明するとカーリングに似てる?

ボッチャとは、簡単に説明すると重度の脳性麻痺者や四肢重度機能障害者が行うスポーツとして考案されたパラスポーツです。

ボッチャを簡単に説明すると最近有名になったカーリングに似たものです。

決められたコートの中で競技者が決められた位置からジャックボールという目標のボールに向けてボールを投げて、そのジャックボールに自分のボールをどれだけ近づけられるかを競います。

目標の場所に近づけることを競い、自分の持ちボールがどれだけ多いかということで、氷上で行うカーリングと似ているので、「地上のカーリング」とも呼ばれています。

ヨーロッパで生まれたボッチャは、どんな人でも参加することができますよ。

ボッチャのルールと人数

ボッチャのゲーム
ボッチャのルールを簡単に分かりやすく説明しますね。

ボッチャのルール

コートの大きさ・・・幅6m、長さ12mです。

まずは、コートの大きさですが、通常のバドミントンのコートの大きさと同じです。

ただ、向かい合って競技はしません。

同じ方向を向いて(カーリングと同じ要領)ボールを投げ合います。

投げる球数・・・ジャックボール(目標の白球)に向けて、先行は赤、後攻は青のボールをそれぞれ6球ずつ投げます。

投げる順番

  1. 最初に先行赤の選手がジャックボールを投げて、続けて赤ボールを投げます。次に後攻青が青ボールを投げます。
  2. 青が赤よりもジャックボールに近い場合は赤に交代、遠い場合は赤よりもジャックボールに近くなるまで青が続けて投げます。相手よりもジャックボールに近づかないと交代できません。
  3. 最終的に両チームが持ち球を全部投げ終わった時点で、ジャックボールに近い球のチームがエンドの勝利者で点数が入ります。

1~3で1エンドと言います。

得点・・・勝ったチームには、負けたチームのジャックボールに一番近い球より、近い球1個につき1点とカウントします。

勝敗・・・公式戦では4~6エンドを行い、全エンドが終わって合計点数が多い方が勝ちとなります。

ボッチャのゲーム人数

1対1の個人戦、2対2のペア戦、3対3のチーム戦があります。

その他にボッチャ競技で必要な人数は、自己投球が出来ない競技をする人をサポートするアシスタントが必要です。

審判や、計測する人なども必要になってきます。

スポンサーリンク

ボッチャルールの投げ方いろいろ

ボッチャのルールとして特徴的なのは投げ方です。

ボッチャのボールの投げ方は、どんな投げ方でもオールオッケー。

手を使って上や下から直接投げるのはもちろん、ボールを投げることが出来ない人なら高低差を利用した勾配用具を使って転がしても弾いても、足で蹴飛ばしてもOKです。

身体の障害によってボールを直接投げることができない場合は、ランプス(勾配具)やヘッドポインタなどの補助具を使用して競技に参加することが可能です。

ランプス・・・樋状のスロープで、ボールを上の方から下の方へ転がすことができる補助具。
ヘッドポインタ・・・頭に被るヘッドバンドに、ランプに乗せたボールを抑える棒が付いた補助具。

▼関連記事▼
ボッチャの制限時間とボールが同じ距離の場合のルール

まとめ

ボッチャとは簡単に参加出来るスポーツでしょう?

ボッチャのルールも分かりやすく人数を揃える必要もありません。

ボッチャのルールの特徴でもある投げ方の自由さが、身体が不自由な人、筋力が弱った高齢者にもおすすめのスポーツ。

ボッチャはルールが簡単で手軽にプレーできるので、障害の有る人、無い人に関わらず愛好者が増えています。

障害者と健常者が一緒に競い合えるので、ぜひ体験してほしいスポーツです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました