小田島理恵wiki風プロフィール!事故から車椅子バスケ女子日本代表メンバーになるまで

バスケットボールのゴール 歴史・人物

パラリンピックの公式スポーツである車椅子バスケは、障害者が行うスポーツの中でも、花形スポーツとして人気があります。

日本では約100チーム、1,000名が登録選手として活動しています。

なかでも活躍を期待されているのが小田島理恵さん、そこでプロフィールをwiki風に紹介し、

小田島理恵さんが、事故からどのように車椅子バスケと出会い、女子日本代表メンバーになったのかをその過程からみえる努力と精神力をお伝えします。

スポンサーリンク

小田島理恵wiki風プロフィール

小田島理恵(おだじまりえ、1989年4月1日生-)のプロフィールは、埼玉県出身の女子車椅子バスケットボール選手。

ポジションはガード・フォワード。

車椅子バスケ女子チームGRACE所属。

2013年から車椅子バスケを始めて、2016年から日本代表強化指定選手となる。

会社はリクルート所属、リクルートオフィスサポート勤務。

車椅子バスケのクラスポイントは2.5。

得意技はミドルシュート。

小田島理恵は事故で車椅子バスケと出会う

車椅子女子バスケ
小田島理恵は事故に遭うまで、3歳から中学生までピアノを習い、中学時代の部活は吹奏部。

他にも習字とそろばんを習っていたが、全くスポーツはしていなかったそう。

高校の部活では少林寺拳法を3年間行い、高校3年のときに右ひざを痛め全国高校大会は欠場したが、一般の全国大会には出場し5位入賞を果たす。

高校卒業後、専門学校に入学後にストレスが原因で摂食障害やうつ病になり入退院を繰り返し、高校の頃には78キロあった体重が、1~2年で37キロになる。

在籍中の22歳のときに事故に遭い、脊髄損傷不全麻痺になり右下肢と体幹の機能が低下し、まったく動けない状態に。

退院後、障害者のスポーツセンターでリハビリをしていた時に、車椅子バスケの体験教室に興味本位で参加したのが、車椅子バスケとの出会いであった。

車椅子バスケのチーム練習に参加したところ、チーム内にいたパラリンピアンの影響を受け、パラリンピックを目指すことを決めた。


スポンサーリンク

車椅子バスケ女子日本代表メンバーとなる

車椅子バスケ女子日本代表メンバーに小田島恵利が選出。

車椅子バスケを始めたことで食欲も出るようになり、摂食障害も徐々に克服していく。

仕事と競技を両立しながら練習に慣れたころ、現GRACEヘッドコーチ長野志穂の指導を受けるようになり、日本代表からも声がかかるようになった。

2016年から車椅子バスケ女子日本代表として国際試合にも出場するようになり、2019年のアジアオセアニアチャンピオンシップスでは3位に入賞した。

まとめ

小田島理恵のプロフィールをwiki風に紹介しました。

小田島理恵さんは重大な事故を乗り越えて、車椅子バスケの女子日本代表メンバーまで昇りつめた努力と精神力は凄いですね。

女子車椅子バスケは、開催国として日本での延期になりましたが2021年パラリンピックに出場が決まっており、世界を相手に戦いを挑みます。

さまざまな苦難を乗り越えた小田島理恵さんをそして車椅子バスケ日本代表を応援しましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました