パラリンピックのパラとは?パラリンピックの車椅子競技と種目

paralympic パラリンピック

パラリンピックのパラとは、語源があり造語になっています。

パラリンピックとは、オリンピック同様夏季大会、冬季大会がある障害のあるアスリートがその国を代表して出場できる国際競技大会です。

オリンピックが開催される同じ年に同じ都市・同じ会場で原則行われる障害者スポーツの総合競技大会。

パラリンピックの言葉の意味や語源は歴史のなかにあります。

パラリンピックを子供向けに説明するには、パラという言葉の由来やマークの意味から入るのも良いかもしれません。

パラリンピックのなかでも車椅子競技の種類や車椅子スポーツを紹介します。

スポンサーリンク

パラリンピックのパラとは?パラの意味と語源

世界の国旗

パラリンピックの言葉の意味

パラリンピックと聞くと障害者のトップアスリートのスポーツ大会でオリンピック同様、世界最高峰の国際総合競技大会です。

一言でいうと障害者のスポーツですが、障害の種類は大きく分けて5グループに分かれます。

  • 身体障害者
  • 視覚障害者
  • 聴覚障害者
  • 知的障害者
  • 精神障害者

それぞれの障害者スポーツに歴史があり、運営組織や競技大会、取り組み方も異なります。

そのうち、パラリンピックに該当するのが身体障害者と視覚障害者のためのスポーツの国際競技大会がパラリンピックです。

パラリンピックの歴史

今でこそ世界の最高峰の総合競技大会となっていますが、その歴史を振り返ると、さかのぼること1948年のイギリスの病院からはじまります。

イギリスのストーク・マンデビル病院内で行われた、アーチェリー大会が始まりです。

なぜパラリンピックと呼ばれるようになったかの意味と語源はパラブレジア(特に対麻痺(両下肢の麻痺がある状態のこと)という下半身麻痺者を対象にしたことも影響しているようです。

毎年、車椅子使用者や切断者の入院患者により「ストーク・マンデビル競技大会」が開催され、後のこの競技大会がパラリンピックと名前を変えて現在に至っています。

▼関連リンク▼
パラリンピックの意味と語源・歴史まで簡単に子供向けに説明します

パラリンピックのパラの由来

Paralympicsシンボルマーク

パラは何を意味するか

パラリンピックのパラの由来ははっきりと明確になっていません。

造語になっているパラとオリンピックを合わせているので、今ではパラの意味を後付けで再解釈しているようです。

歴史を紐解いていくと1953年にイギリスの新聞の見出しにParalympicという言葉が使われていたそうです。

今では、国際パラリンピック委員会(英語表記:International Paralympics committee:IPC)が主催するパラリンピック(英語表記:Paralympic Games)
は日本では日本オリンピック委員会(JOC)と同じ日本パラリンピック委員会(POC)文部科学省が所管しています。

パラリンピックのマーク意味と色

パラリンピックの象徴となるマークは、オリンピックの五輪とは形も色も違います。

1988年のソウル大会まではオリンピックカラーで形は違いますが5色で構成されていました。

パラリンピックのシンボルマークの形の特徴と3色の意味は人間の最も大切な構成要素で表されています。

▼関連記事▼
パラリンピックのパラの由来とシンボルマークの意味と色が表すもの


スポンサーリンク

パラリンピック車椅子競技

車椅子野球

パラリンピック車椅子競技

パラリンピックはオリンピックと同じ年に同じ都市で開催されるようになりました。

オリンピック同様さまざまな競技がありますが特に車椅子を使った競技はパッと見て分かりますよね。

陸上競技から球技まで車椅子バスケをはじめとする健常者のスポーツとルールも変わらないものから、ボッチャなど車椅子スポーツ特有の競技もあります。

スポーツ用車椅子の特徴

そのパラリンピック競技種目で使われる車椅子はスポーツ用車椅子として特別仕様になっています。

代表的なのは、車軸となる駆動タイヤが前から見てハの字に傾いていることです。

競技種目によって形状やキャスターの数、タイヤの角度(キャンバー角:ハの字の角度)が違います。

▼関連記事▼
パラリンピックの車椅子競技の一覧と種類毎のスポーツ用車いすの特徴

まとめ

パラリンピックの言葉の意味と語源は歴史から見ることができます。

子供向けにはパラリンピックのパラの由来やシンボルマークの持つ意味を教えてあげると分かりやすいかもしれません。

パラリンピックのなかでも車椅子競技の種類は豊富でスポーツ用車椅子の特徴もさまざまあるので違いを確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました