スポーツ・競技

スポーツ・競技

ボッチャボールの中身ってなに?重さと硬さの調整は手作りならどうする?

障害者が、車椅子に乗ったままできる、高齢者でも健常者でもスポーツに「ボッチャ」があります。 個人やチームの対戦式で、目標の白いボール(ジャック)に赤や青のボール6球ずつを、どれだけ近づけることができるかを競うスポーツです。 絶妙な重さや硬さのボッチャボールの中身はいったい何が入っているのでしょうか。 ボッチャボール重さや大きさはルールで決まっています。 ルールさえ守ればボッチャボールの硬さや中身は自分が握りやすい、転がしやすいもので自作することもできます。 自分で作ったマイボールでボッチャに参加する場合、ボッチャボールの中身や重さ、硬さの調整について解説します。
スポーツ・競技

ボッチャでのパドルの使い方!キャリパーや審判用具レフェリーの規則

ボッチャを始めたいときに必要なのはボッチャボールだけではありません。 ボッチャは競技ですので審判が必要。 ボッチャで必要な用品は、市販でもボッチャボールセットとして売っています。 よくあるセット内容は、ボッチャボール13個(白1個、赤6個、青6個)、審判用具として、パドル1個、キャリパー大中小1個ずつ、メジャー1個、それに加えこれらを収納するバッグです。 最低このセットがあると、ボッチャを行うことができます。 ボッチャ公式の競技大会などでは公式の審判員がいますが、リクレーション的な競技では、選手以外の誰かが審判をしなければならないとき、パドルやキャリパーの使い方を知っておく必要がありますよね。 ボッチャの審判が使うものでパドルの使い方、キャリパーの使い方をはじめ審判用具の使い方について、概略ですが解説します。
スポーツ・競技

障害者スポーツのボッチャルールは簡単!ジャックボールに近づけるだけ!

障害者スポーツ(パラスポーツ)の国際競技大会であるパラリンピックで正式な種目となっている「ボッチャ」ですが、あまり知られていません。 ボッチャのルールは簡単で、車椅子に乗ったまま的(まと)になるジャックボールを近づけるだけの子供から高齢者まで誰もが簡単にできる競技です。 「ボッチャ」という名前の響きがかわいい競技名ですがその名前の由来やルールなど是非この機会に知ってくださいね。
スポーツ・競技

ボッチャの名前の由来と用具の種類!魅力は誰でもできること

パラリンピックの競技の中に「ボッチャ」という車椅子でできるスポーツがあるのをご存じでしょうか。 ボッチャの名前だけ聞くとどんなスポーツか想像できない人もいるかもしれないですよね。 私も車椅子でできる「ボッチャ」というかわいい響きの名前で興味をもって調べてみました。 そのボッチャの名前の由来から魅力まで、ボッチャ競技をするため使う用具や器具の名前や種類について紹介します。
スポーツ・競技

パラリンピックの車椅子競技の一覧と種類毎のスポーツ用車いすの特徴

パラリンピックの競技者は身体が不自由なため、車椅子、義手、義足などを使用して競技を行うことはご存知だと思います。その中でも、特に多いのは車椅子を使用した競技ですね。 日常では見かけない特別仕様の車椅子を使って、懸命に競技する姿には感動を覚えます。 パラリンピックでの車椅子競技一覧と種類ごとのスポーツを紹介します。
タイトルとURLをコピーしました