補装具費支給制度

車椅子の種類

電動アシスト車椅子は自走式に後付けする場合でも補助金申請をしよう!

電動アシスト式車椅子をご存じですか? 車椅子は平坦で整備された地面では簡単に漕ぐことができますよね。 しかし屋外などの悪路や坂路になると、腕力や体力的に難しいことがありませんか? たとえば自動ドアの前のマットとか・・・かなり漕ぐの力が必要ですよね? これって車椅子ユーザーにしか分からない、車椅子あるあるですよね。 今の自走式車椅子に電動アシストユニットを後付けをするだけで電動車椅子になるので補装具費支給申請をし補助金を貰って電動化しましょう。 普通の自走式車椅子に電動アシストを後付けしたい場合、支給された自走式車椅子の修理にはなりません。 電動アシスト車椅子を購入する場合の購入申請と後付けしたい場合も流れは変わりません。 電動アシスト車椅子や電動アシストユニット購入の補装具費支給制度の事前申請について解説します。
選び方・買い方

電動車椅子は障害者手帳で障害者総合支援法(旧:障害者自立支援法)補装具給付

電動車椅子や車椅子の購入を考える場合、まずは障害者手帳の交付を相談しましょう。 障害者総合支援法やそれ以前の障害者自立支援法が定める補装具費支給制度の電動車椅子給付など色々な福祉サービスを積極的に受けてください。 この福祉サービスの中には、電動車椅子補装具を利用して自立を目指す障害者に対して、電動車椅子など補装具の交付や購入、修理にかかる費用の助成があります。 電動車椅子を使用したいと検討している方に、これらの法律の関係について解説します。
車椅子

補装具費支給意見書とは?記入例と書き方と文書料から処方箋まで

障害者手帳を持っている人が、補装具費支給申請をするときの提出書類の中に、申請書の他に「補装具費支給意見書」があります。 その補装具費支給意見書とはどういうものなのか、誰がどう書くのか、また記入例と書き方、文書料から処方箋まで、わかりやすく解説します。
障害者手帳

電動車椅子は障害者支援の補助金が出る補装具費支給制度の支給基準とは?

電動車椅子は障害者手帳があれば補助金や助成金が支給されることがあります。 障害者となり電動車椅子の購入を検討する場合に、補装具費支給制度を活用しましょう。 補装具費支給制度のなかに電動車椅子も含まれています。 高価な電動椅子の購入を検討している方には、心強い制度ですね。 ただし、電動車椅子の補助や助成金を支給してもらうには支給基準に合わなければなりません。 その補装具費支給制度の支給基準とはどのような基準かわかりやすく解説します。
障害者手帳

車椅子購入は障害者の等級関係なく障害者手帳で補助される!補助金の上限

車椅子が必要になれば障害者等級関係なく購入を考えますよね。 車椅子購入は障害者手帳を持っていれば補助や助成が受けられる可能性があり、日常生活で必要とする車椅子を購入するなら補装具費支給制度で購入費(原則自己負担額1割)を市町村から補助してもらえます。 身体障害者手帳の交付前でもこのことを知っておいて損はありません。 その車椅子購入費の補助金には上限があり、障害者手帳を持っていることと、事前申請と車椅子の必要性などの判定で認められることなどの条件があります。 しかし、障害者手帳の等級によって補助や補助金の上限が決まる訳ではないことを解説します。
障害者手帳

障害者手帳で車椅子購入時に補助金が出る購入方法と助成金額や価格帯

障害者手帳を持っている人が車椅子購入時、条件によって補装具費支給制度を活用すれば補助金を支給してもらえることがあります。 車椅子も安い買い物ではないし、頻繁に買い換えるものでもありません。車椅子の購入方法の順番を間違わないようにすれば公費負担で助成金が支給されると金銭的にも助かりますよね。 車椅子購入金額のうち補助金や助成金が出る場合の条件や、購入方法となる補装具費支給制度の概要や流れはどのようになっているのか、車いす購入にかかる金額や価格帯についても解説します。
タイトルとURLをコピーしました