車椅子の特徴

車椅子の種類

介助式車椅子とは!そのメリットと特徴からみるおすすめポイントと選び方

車椅子には、さまざまな種類がありますが大きく分けると自身でこいで使う自走式車椅子、介助者が後ろから持ち手を押して操作する介助式車椅子があります。 介助式車椅子は、身体障害者福祉法では車いす手押し型と呼ばれています。 ここでは、介助式車椅子のメリット、デメリットのほか、介助用車いすのさまざまなタイプの特徴からおすすめの機能を紹介します。
選び方・買い方

車椅子購入で補助金を申請できる?介護保険ならレンタルがお得?

車椅子購入を考える場合は、今後長期間にわたり車椅子を使用するかもしれないということですよね。 市販の車椅子を購入すると価格や相場はどのくらいの値段がするか気になりますよね。 また、車椅子の購入で補助金や助成金が出る場合があります。 車椅子を購入する対象者が介護保険適用になる人であれば、比較的安い費用でレンタルすることができます。 車椅子を購入する場合の費用が行政から補助金が貰えるとかも耳にしたことはありませんか? 補助金が申請できる対象者に当てはまっているかがカギになります。 購入が良いのかレンタルの方が良いのか、実際にはどちらを選ぶか迷ってしまいますね。 車椅子の購入とレンタルの違いや費用について、どのような違いがあるか、わかりやすく解説します。
車椅子のサポート

車いすの役割と移乗の目的・看護からみる座面クッションの必要性は?

車いすの役割には歩行が困難な人だけではなく、病気や怪我の人が利用することもある車椅子ですが福祉用具としてどのような役割があるのでしょうか。 車いすに移乗しましょうといった目的は病院や施設などの老人ホームやグループホームの看護の中でも大切な意味があります。 また、車いすの座席には座面シートがあってもクッションが使用されていますが、車椅子の座シートにクッションをする目的も患者や利用者にとって大事な役割です。 車いすについて、これら車椅子の役割、移乗の目的、クッションの必要性についてお答えします。
選び方・買い方

自走式車椅子とは!自操式車椅子の自走式と介助式の違いと特徴や選び方

自走式車椅子とは、歩行が困難な人にとって、座ったまま移動ができる車椅子は重要な移動手段です。 車椅子のなかでも自走式車椅子は介助式車椅子と違い自力で漕ぐ(こぐ)ことが出来ます。 怪我や事故、また病気などで身体が動かせない人だけでなく、今は高齢化が進み、操作が簡単なものや多機能で介護者・被介護者双方にやさしいものなど、車椅子の種類も豊富になりました。 なかでも、自分の体の一部のように自操する車椅子、自走式車椅子の特徴や種類や機能、選ぶときのポイントについて紹介します。
車椅子の種類

バギーと車椅子の違い!子供用座位保持装置ベビーカーとどう違う?

バギーと車椅子の違い知っていますか? 子供が乗るバギー型車椅子はベビーカーとも似ています。 座位保持装置がついたものがバギーで、違いは長時間姿勢を保てるか保てないかにあります。 子供用の車椅子やバギーは、一見ベビーカーとも似ていますよね。 他にもバギーと子供用車椅子の違いはどうなのか呼び方の境目が分かりづらくないですか? 子供用のバギー型車椅子とベビーカーの性質や座位保持装置とは、車いすの仲間であるバギーと車椅子、またベビーカーとの違いを概略ですが解説します。
タイトルとURLをコピーしました