車椅子のパーツ

便利グッズ・アイテム

車椅子で室内タイヤのまま外出したらタイヤ拭きどうする?拭き方のおすすめ

車椅子を室内から乗り換えることもなく外出するときに屋外から帰ってきたときタイヤを拭くのが困ります。 車椅子のタイヤ拭きをしないと部屋の中の床などが汚れてしまいます。車椅子のタイヤを拭かなければならないという手間が増えるため家族や介護者に悪いと思い外出を控える人も多いのではないでしょうか。 私もその一人でした。車椅子のタイヤの拭き方は慣れれば簡単(とはいえ面倒ですが)少しでも介護者の負担を少なくする屋外から帰ったときのタイヤ拭きの拭き方について紹介します。
車椅子のサポート

車椅子の駐車ブレーキかけ忘れで事故多発!対策と予防をして危険を回避

車椅子のブレーキかけ忘れによる事故が多くなっています。 障害者や高齢者で歩行が困難な場合、移動する手段として車椅子を利用するとき駐車ブレーキのかけ忘れでおこる事故が圧倒的です。 車椅子を利用する人は高齢障害者が多いこともあり、ちょっとした不注意で転落や骨折事故につながってしまいます。 その車椅子の事故の原因の中で、一番多いブレーキのかけ忘れから起きた事故事例と対策についてご紹介します。
車椅子のサポート

車椅子のフットレストで事故は上げ忘れから怪我と移乗時のトラブル事例

車椅子のフットレスト関連の事故が非常に多くなっています。 医療や介護の現場では、高齢者や障害者の方が日常的に車椅子を使用しているのを目にしますよね。 その車椅子を使用しているなかで、ベッドや車椅子などに移乗させるときに、意外にも簡単に事故が起きているのです。 原因の多くは、車椅子のフットレストの上げ忘れという結果がでていますが、フットレストというのはいわゆる足置き台です。 どのような時に起こりやすいか、車椅子のフットレストでどうして事故が発生して怪我をしたのかなどを解説します。 事故事例もご紹介しますので、介助の際には参考にしてくださいね。
便利グッズ・アイテム

車椅子のブレーキレバー延長を手作りしよう!レバー棒の作り方とおすすめ素材

車椅子のブレーキレバーに手が届きづらい、延長されていれば届きにくくないのに。 と、思ったりしませんか?車椅子のブレーキが最初からもっと延長したものがあればブレーキをかけるのも危なっかしくないのにと。 車椅子のブレーキが甘いとか、かけ忘れ、かけそびれたことが原因で、利用者の事故につながることが多いのです。 その理由には、ブレーキレバーが短いことや、腕の力が弱いためにキチンと操作できない場合もあります。 車椅子のブレーキ延長するためレバー自体に手作りでラップの芯などを被せている人もよくいますよ。 車椅子のブレーキレバー延長棒の作り方をはじめ、設置方法や市販のブレーキ延長棒を紹介します。
車椅子のサポート

車椅子のブレーキが甘いときにまず見て!駐車時の調整方法と事故事例

車椅子のブレーキが甘いと感じたらすぐに調整する必要があります。 車椅子を使用するときには、定期的に点検・調整が必要です。 車椅子の駐車ブレーキの調整方法は大切で、特に車椅子からの乗り降りや坂道、駐車する場合などブレーキが甘いと車椅子が動いて、思わぬ事故が起きることがあります。 車椅子のブレーキが甘いときに見るべきものは?また駐車ブレーキ調整方法、車椅子の駐車ブレーキ関連の事故事例についてご紹介します。
選び方・買い方

車椅子ブレーキの種類レバー式とトグル式の違いとはタッグル式って?

車椅子のブレーキには車椅子の種類によってレバー式以外にもさまざまあります。車椅子で外出や移動するときに、安全面で特に重要なのはブレーキです。 坂道、横断歩道、車や電車の乗り降りなど、様々な場所でブレーキを使いますよね。 車椅子のブレーキ種類は、車椅子のタイプによって、レバー式、トグル式(タッグル式)などがあります。そのレバー式とトグル式(タッグル式)の違いと車椅子のブレーキのドラム式について解説します。
便利グッズ・アイテム

車椅子用クッションの選び方は目的別に褥瘡予防なら素材が大事です!

車椅子用のクッションの選び方について紹介します。 車椅子にクッションをする目的は、車椅子の座面シートは 車椅子の座席は、ほとんどがナイロン製か座面に布が張っているだけなので、クッションを敷かずに使用すると座り心地が悪く、お尻が滑ったり、痛くなったり、長時間使用するとアタリが出来て褥瘡になることもあります。 褥瘡予防のためにも車椅子のクッションが有効です。 目的別の車椅子用クッションの選び方、褥瘡予防に適した素材について紹介します。
タイトルとURLをコピーしました