建物・設備

選び方・買い方

家で車椅子を使うときは身幅と廊下での回転や曲がり角を考える

家用の車椅子を購入したり、レンタルしたりする場合に気をつけたいのは幅です。 その気をつけたい幅には2つあり、ひとつは車椅子の幅そして廊下の幅を確認しましょう。 屋内で車椅子を使う場合は廊下の幅より車椅子の幅がコンパクトでないとダメなことは分かると思います。しかし廊下は直線だけとは限りませんよね。車椅子と廊下の幅は回転することも考えておく必要があります。 廊下の幅や車椅子が回転するためのスペースなど、基本的な寸法の考え方があるので、実際に家に住む人、車椅子を使用する人も一緒に建築計画に参加して検討しましょう。 バリアフリーで車椅子を使用するときの、基本的な寸法についての考え方をご紹介します。
交通・乗り物

エレベーターの家庭用価格は後付けするなら屋内屋外どれくらいが相場?

ホームエレベーターの家庭用価格はどれくらいするのかは駆動方法と大きさによって変わります。 家庭用エレベーターを自宅に後付けで設置する場合、気になるのは設置価格ですよね。 また設置する場所については屋内が一般的ですが、近頃では屋外に後付けすることもできるようになりました。エレベーターが家庭用でも屋外に設置できると、最小限のリフォームで済む場合もありますね。 屋内屋外に設置する場合、注意点や設置価格の相場をお伝えします。
交通・乗り物

車椅子が入るエレベーターの家庭用サイズと自宅に後付けするなら?

車椅子用のエレベーターを家庭用に設置したい場合、普通の小型のエレベーターというわけにはいかないです。 車椅子が入る大きさのエレベーターとなると自宅の広さも必要になってきます。 家庭用エレベーターを今ある自宅に後付けすることで、車椅子利用者が一人でも1階と2階を自由に出入りできることができるといいですよね。 その家庭用エレベーターを付けるにあたり、考えなければならないことや、何が必要なのか、どのような注意点があるのかを説明します。
交通・乗り物

エレベーターの車椅子ボタンの違いと意味!専用ボタンを押す人は?

バリアフリー型のエレベーターが設置されている場合、車椅子用ボタンと通常のボタンがありますが違いが分かりますか? エレベーターの車椅子用ボタンの意味は、入り口や籠内など壁などの少し低い位置に、車椅子マークの付いた上下ボタン、籠内では車椅子マークの付いた操作盤を見たことがありますよね。 この車椅子マークがついたエレベーターは車椅子用のボタンと通常のボタンでも、押す人が車椅子だと低い方が押しやすいからと思って思っていませんか? エレベーターボタンの高さが違うだけで同じ動作内容だと思っている方が多いと思いますが、実は目的が違うのです。 そのエレベーターボタンの車椅子マークがついた車椅子用ボタンと通常の操作ボタンの違いと動作について説明します。
車椅子のサポート

車椅子用のエレベーターの寸法と鏡をつける基準とユニバーサルデザイン

車椅子マーク(国際シンボルマーク)が付いたエレベーターと車椅子マークがついていないエレベーターがありますよね。車椅子用のエレベーターの基準となる寸法があるのを知っていますか?さらにはエレベーターに大きな鏡が正面にあったり上部の角にカーブミラーのような鏡があったりします。平成18年(2006年)以降の建築物にはバリアフリー法が施工されたので安全で快適なエレベーターが増えていますよね。その寸法や鏡の使い方を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました