選び方・買い方

車椅子の各名称の役割と種類!看護師は使う人への留意点のキモは目線

車椅子にはたくさんの種類があります。 基本的な車椅子には車椅子を近くで見ると椅子に大きな車輪が付いていて、その他にも色々な部品があります。 車椅子のパーツの名称とその役割を理解して使用しましょう。 車椅子のさまざまな種類は看護や介護で車椅子を使う人を介助する場合のために各名称の役割を知っておきましょう。 併せて種類による機能の違い、その特徴も紹介するので参考にしてくださいね。
歴史・人物

車椅子の歴史と世界の市場規模と日本の違い・進化と未来を展望する

怪我や病気など、何らかの理由で歩行困難になった人の、移動に使われるのが車椅子です。 現在では公共施設やスーパー、ホテルなどでも車椅子が用意されていることが多く、種類も豊富な福祉用具の代表でもある車椅子ですね。 車椅子の歴史を世界から見るとどの時代に作られたのでしょうか。 車椅子の市場規模や日本での進化と未来の展望について紹介します。
スポーツ・競技

パラリンピックの車椅子競技の一覧と種類毎のスポーツ用車いすの特徴

パラリンピックの競技者は身体が不自由なため、車椅子、義手、義足などを使用して競技を行うことはご存知だと思います。その中でも、特に多いのは車椅子を使用した競技ですね。 日常では見かけない特別仕様の車椅子を使って、懸命に競技する姿には感動を覚えます。 パラリンピックでの車椅子競技一覧と種類ごとのスポーツを紹介します。
歴史・人物

パラリンピックのパラの由来とシンボルマークの意味と色が表すもの

パラリンピックのパラという言葉の由来はどこからきたのでしょうか。 オリンピックの「オ」が「パラ」に変わっていますよね。 パラリンピックのパラはパラスポーツとも呼ばれていて、障がい者スポーツや車椅子競技を総称して呼ばれています。 パラリンピックのマークとオリンピックのマークは形も色も違いがあります。 パラリンピックのマークの由来やパラリンピックのシンボルマークの意味と色が何を表しているのかをご紹介します。
歴史・人物

パラリンピックの意味と語源・歴史まで簡単に子供向けに説明します

パラリンピックの意味や語源を知っていますか? 4年に1回行わるパラリンピックについて多くの人がイメージするのは、身体に障害のある選手が行うオリンピックみたいなものではないでしょうか。 パラリンピックには多くの障害者の方々がアスリートとして参加していますが、なぜパラリンピックという名前なのかその語源を紹介します。 パラリンピックの歴史とともに簡単に子供向けに紹介しますね。
交通・乗り物

車椅子マークの駐車場スペースの名前の正式名称とその対象は身障者のみ?

車椅子のマークとして使われている車椅子の絵って分かりやすく書かれてますよね? 特に駐車場が良い例ですが、車椅子マークには国際シンボルマークという正式名称があります。 スーパーや公的施設などの駐車場を見ると、車椅子マークの駐車スペースがあるのをよく見かけますよね。 駐車場の比較的施設を利用しやすい場所、玄関や入口近くにあり、身体障害者の人のためのスペースだと理解しています。 その車椅子マークの駐車場スペースの正式名称と対象者となる人、妊婦さんや骨折した人など見た目に分からない障がいの人はどうなのかを紹介します。
歴史・人物

車椅子の歴史は日本ではいつから進化してきたかを詳しく解説します

車椅子の歴史は日本ではどのようにはじまったのでしょうか。 車椅子は、病気や事故、身体の障害などによって、歩行が困難な人が利用する福祉用具の一つです。 車椅子を日本ではいつから使われてきて初めはどのような形だったのでしょう。 車椅子は文字通り背もたれの付いた椅子の両側に大きな後輪が2個、足元に自在に動く前輪キャスターが2個備えている構造が、現代で使われている車椅子の主流。 世界で車椅子の原型の起源は歴史があり相当古いと言われていますが、その歴史や日本での車椅子はどう進化してきたかについて詳しく解説します。
タイトルとURLをコピーしました