車椅子のサポート

車椅子のサポート

車椅子で段差を降りるときの押し方と上がるときの上がり方の注意点とポイント

車椅子を利用しているときにバリアフリーではなく階段などで段差がある場合、段差を降りる時の押し方や上がり方には絶対守って欲しい注意点があります。 車椅子で段差のがあるところを介助者が押す場合、段差の降り方、上り方を正しく行わないと、車椅子のバランスが崩れて乗っている人が危険な目にあってしまいます。 車椅子の介助方法で、段差を降りるときの押し方と上がるときの上がり方の基本的な注意点とポイントについて解説します。
車椅子のサポート

車椅子で段差を乗り越える介助者の限界とスロープで解消できる高さと長さ

車椅子で段差を乗り越えるときの介助の仕方には車椅子の前輪キャスターを浮かし、ウイリーさせて上がることが可能です。 車椅子で大きな段差ならスロープがある方が安心で安全です。 自分で乗り越えられる段差はそうそうありません、転倒防止バー(ウイリーバー)があっても怖いものです。 介助者も車椅子の段差解消スロープがあれば楽に段差を乗り越えることができますが、段差の高さによるスロープの長さなど、段差を解消するためには、どの位のスロープの長さが必要なのか計算してみましょう。
車椅子のサポート

車椅子で座位保持できない原因は筋肉の減少?必要な運動とグッズ!

車椅子で座位保持ができない場合、何かしらの理由や原因があります。 日常生活のほとんどを車椅子に座って過ごす人にとっては、座位保持ができないのは苦痛以外の何ものでもありません。 車椅子で座位保持を継続させるには筋肉の減少を避けたいところです。 座位保持に必要な筋肉を動かしたり運動したりして筋力の低下を防ぎ、椅子に座ってもできる筋肉に働きかける運動が大事です。 まずは座位保持ができない原因と必要な筋肉、必要な運動は何をすれば良いのか解説します。
車椅子のサポート

車椅子用のエレベーターの寸法と鏡をつける基準とユニバーサルデザイン

車椅子マーク(国際シンボルマーク)が付いたエレベーターと車椅子マークがついていないエレベーターがありますよね。車椅子用のエレベーターの基準となる寸法があるのを知っていますか?さらにはエレベーターに大きな鏡が正面にあったり上部の角にカーブミラーのような鏡があったりします。平成18年(2006年)以降の建築物にはバリアフリー法が施工されたので安全で快適なエレベーターが増えていますよね。その寸法や鏡の使い方を紹介します。
車椅子のサポート

車いすの役割と移乗の目的・看護からみる座面クッションの必要性は?

車いすの役割には歩行が困難な人だけではなく、病気や怪我の人が利用することもある車椅子ですが福祉用具としてどのような役割があるのでしょうか。 車いすに移乗しましょうといった目的は病院や施設などの老人ホームやグループホームの看護の中でも大切な意味があります。 また、車いすの座席には座面シートがあってもクッションが使用されていますが、車椅子の座シートにクッションをする目的も患者や利用者にとって大事な役割です。 車いすについて、これら車椅子の役割、移乗の目的、クッションの必要性についてお答えします。
タイトルとURLをコピーしました