2020-07

交通・乗り物

車椅子が入るエレベーターの家庭用サイズと自宅に後付けするなら?

車椅子用のエレベーターを家庭用に設置したい場合、普通の小型のエレベーターというわけにはいかないです。 車椅子が入る大きさのエレベーターとなると自宅の広さも必要になってきます。 家庭用エレベーターを今ある自宅に後付けすることで、車椅子利用者が一人でも1階と2階を自由に出入りできることができるといいですよね。 その家庭用エレベーターを付けるにあたり、考えなければならないことや、何が必要なのか、どのような注意点があるのかを説明します。
交通・乗り物

エレベーターの車椅子ボタンの違いと意味!専用ボタンを押す人は?

バリアフリー型のエレベーターが設置されている場合、車椅子用ボタンと通常のボタンがありますが違いが分かりますか? エレベーターの車椅子用ボタンの意味は、入り口や籠内など壁などの少し低い位置に、車椅子マークの付いた上下ボタン、籠内では車椅子マークの付いた操作盤を見たことがありますよね。 この車椅子マークがついたエレベーターは車椅子用のボタンと通常のボタンでも、押す人が車椅子だと低い方が押しやすいからと思って思っていませんか? エレベーターボタンの高さが違うだけで同じ動作内容だと思っている方が多いと思いますが、実は目的が違うのです。 そのエレベーターボタンの車椅子マークがついた車椅子用ボタンと通常の操作ボタンの違いと動作について説明します。
交通・乗り物

車椅子ごと乗れる車なら軽自動車でもそのままスロープで乗り込める!

車椅子ごと乗れる車でも軽自動車が多くの方に利用されるようになりました。福祉施設などが車椅子でそのまま乗れる送迎車として使うバンやワゴン系の福祉車両が知られています。しかし、車の大きさや購入費などが高額なので、一般家庭で利用するのは難しい面があります。 福祉車両にも、車椅子をスロープで車に乗せることのできる、おすすめの軽自動車をご紹介します。
車椅子のサポート

車椅子の駐車ブレーキかけ忘れで事故多発!対策と予防をして危険を回避

車椅子のブレーキかけ忘れによる事故が多くなっています。 障害者や高齢者で歩行が困難な場合、移動する手段として車椅子を利用するとき駐車ブレーキのかけ忘れでおこる事故が圧倒的です。 車椅子を利用する人は高齢障害者が多いこともあり、ちょっとした不注意で転落や骨折事故につながってしまいます。 その車椅子の事故の原因の中で、一番多いブレーキのかけ忘れから起きた事故事例と対策についてご紹介します。
車椅子のサポート

車椅子のフットレストで事故は上げ忘れから怪我と移乗時のトラブル事例

車椅子のフットレスト関連の事故が非常に多くなっています。 医療や介護の現場では、高齢者や障害者の方が日常的に車椅子を使用しているのを目にしますよね。 その車椅子を使用しているなかで、ベッドや車椅子などに移乗させるときに、意外にも簡単に事故が起きているのです。 原因の多くは、車椅子のフットレストの上げ忘れという結果がでていますが、フットレストというのはいわゆる足置き台です。 どのような時に起こりやすいか、車椅子のフットレストでどうして事故が発生して怪我をしたのかなどを解説します。 事故事例もご紹介しますので、介助の際には参考にしてくださいね。
便利グッズ・アイテム

車椅子のブレーキレバー延長を手作りしよう!レバー棒の作り方とおすすめ素材

車椅子のブレーキレバーに手が届きづらい、延長されていれば届きにくくないのに。 と、思ったりしませんか?車椅子のブレーキが最初からもっと延長したものがあればブレーキをかけるのも危なっかしくないのにと。 車椅子のブレーキが甘いとか、かけ忘れ、かけそびれたことが原因で、利用者の事故につながることが多いのです。 その理由には、ブレーキレバーが短いことや、腕の力が弱いためにキチンと操作できない場合もあります。 車椅子のブレーキ延長するためレバー自体に手作りでラップの芯などを被せている人もよくいますよ。 車椅子のブレーキレバー延長棒の作り方をはじめ、設置方法や市販のブレーキ延長棒を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました