スロープ

車椅子のサポート

車椅子のスロープ勾配角度で自力できるのは?計算方法とパーセント表示

車椅子でスロープを上り下りする場合、あまり急な勾配や角度だと介助がいる場合はともかく、自力で上るのは難しいし危険ですよね。 車椅子のスロープはどのくらいの勾配角度と幅があると自力で自走できるかは腕の力にもよりますが、自力で自走が難しいくらいのスロープは介助する場合でも難しいと思って良いでしょう。自走車椅子を自力、介助用車椅子を介助してスロープの勾配を上がり下がりするときの楽な勾配を説明しますね。 さらに、車椅子用のスロープの勾配と角度の計算をパーセントで表す方法を解説します。
車椅子のサポート

車椅子で段差を乗り越える介助者の限界とスロープで解消できる高さと長さ

車椅子で段差を乗り越えるときの介助の仕方には車椅子の前輪キャスターを浮かし、ウイリーさせて上がることが可能です。 車椅子で大きな段差ならスロープがある方が安心で安全です。 自分で乗り越えられる段差はそうそうありません、転倒防止バー(ウイリーバー)があっても怖いものです。 介助者も車椅子の段差解消スロープがあれば楽に段差を乗り越えることができますが、段差の高さによるスロープの長さなど、段差を解消するためには、どの位のスロープの長さが必要なのか計算してみましょう。
交通・乗り物

車椅子で電車に乗るの乗り方と降り方!安全を優先するため駅員に依頼は必須

車椅子で電車に乗るときの電車の乗り方ってどうすればいいのでしょう。 介助者がいたとしても電車とホームの間にはすき間があって怖いと思いますが、車椅子の人が電車を利用するときは駅員さんがスロープを置いた上を通るところを見た事はありませんか? 駅員さんはタイミング良くスロープを置いてくれていますが予約しているわけではありません。 車椅子で電車に乗った後には降り方が問題です。 目的の駅に到着したらスロープが無くて降りられないでは困りますよね。 電車の車輌によっては車椅子優先スペースや車椅子やベビーカーの優先車両もあるので、その電車車輌から車椅子での降り方について説明します。
タイトルとURLをコピーしました