交通・乗り物

交通・乗り物

障がい者と車椅子ユーザーの電車料金!スロープは駅員さんがサポート

障がい者の車椅子ユーザーが電車を利用するとき、一人で乗車できる人もいれば、介護者と一緒に電車に乗る人もいますよね。 実際に数多く利用している人なら、電車とホームの間のスロープの手配を駅員に頼んで乗車するまでの流れや料金、乗り方などを十分理解していると思います。 しかし初めて電車を利用する特に障害者手帳を持つ車椅子ユーザーとか、介護者や介助者が車椅子の人を連れて電車に乗るとき、乗り方や駅員のサポートの受け方がわからないという人もいますよね。 JRを例にして、障がい者が車椅子で電車を利用する場合の料金や、介助者と車椅子ユーザーは駅員さんにスロープを頼んで誘導して貰う電車乗車の乗り降りの流れについて解説します。
交通・乗り物

車椅子の電車料金は介助者とセット割引?予約でサポートしてもらえる?

車椅子の電車料金はどうなっていると思いますか? 車椅子で電車に乗る時介助者が割引になる場合もありますよ。 車椅子利用者(特に障害者の方)が電車を利用するとき料金は本人や介護者も割引になる場合があります。 電車利用時に健常者と違う利用の仕方が車椅子ではあるのをご存知でしょうか。 車椅子で電車を利用するとき予約はどうすのか主にJRを例にして、割引料金や介助者の対応、乗車するにあたっての予約の要否などについて、わかりやすく解説します。
交通・乗り物

車椅子マークの駐車場スペースの名前の正式名称とその対象は身障者のみ?

車椅子のマークとして使われている車椅子の絵って分かりやすく書かれてますよね? 特に駐車場が良い例ですが、車椅子マークには国際シンボルマークという正式名称があります。 スーパーや公的施設などの駐車場を見ると、車椅子マークの駐車スペースがあるのをよく見かけますよね。 駐車場の比較的施設を利用しやすい場所、玄関や入口近くにあり、身体障害者の人のためのスペースだと理解しています。 その車椅子マークの駐車場スペースの正式名称と対象者となる人、妊婦さんや骨折した人など見た目に分からない障がいの人はどうなのかを紹介します。
タイトルとURLをコピーしました