車椅子用品

車椅子のサポート

車椅子で段差を乗り越える介助者の限界とスロープで解消できる高さと長さ

車椅子で段差を乗り越えるときの介助の仕方には車椅子の前輪キャスターを浮かし、ウイリーさせて上がることが可能です。 車椅子で大きな段差ならスロープがある方が安心で安全です。 自分で乗り越えられる段差はそうそうありません、転倒防止バー(ウイリーバー)があっても怖いものです。 介助者も車椅子の段差解消スロープがあれば楽に段差を乗り越えることができますが、段差の高さによるスロープの長さなど、段差を解消するためには、どの位のスロープの長さが必要なのか計算してみましょう。
選び方・買い方

電動車椅子のバッテリーの種類!充電や使用時間とヤマハの走行時間は?

電動車椅子のバッテリーの種類は大きく分けて2種類あります。 電動車椅子は、電動モーターにより走行する大小4輪の車椅子で、自力で車椅子を操作することが難しい方が主に利用します。 操作はハンドルやジョイスティックで行い、電動モーターはバッテリーの電力で動きます。 電動車椅子を購入する上で重要なのは、バッテリーの寿命や充電時間、走行時間です。 ヤマハが電動車椅子のバッテリーのシェアナンバーワンですが、走行時間やその値段も気になりますね。 そのバッテリーにはどんな種類があるのか、充電する時間はどの位か、1回の充電で走行できる時間はどの位かなど、ヤマハのバッテリーを例にしてわかりやすく解説します。
タイトルとURLをコピーしました