日本の車椅子

歴史・人物

車椅子の歴史と世界の市場規模と日本の違い・進化と未来を展望する

怪我や病気など、何らかの理由で歩行困難になった人の、移動に使われるのが車椅子です。 現在では公共施設やスーパー、ホテルなどでも車椅子が用意されていることが多く、種類も豊富な福祉用具の代表でもある車椅子ですね。 車椅子の歴史を世界から見るとどの時代に作られたのでしょうか。 車椅子の市場規模や日本での進化と未来の展望について紹介します。
歴史・人物

車椅子の歴史は日本ではいつから進化してきたかを詳しく解説します

車椅子の歴史は日本ではどのようにはじまったのでしょうか。 車椅子は、病気や事故、身体の障害などによって、歩行が困難な人が利用する福祉用具の一つです。 車椅子を日本ではいつから使われてきて初めはどのような形だったのでしょう。 車椅子は文字通り背もたれの付いた椅子の両側に大きな後輪が2個、足元に自在に動く前輪キャスターが2個備えている構造が、現代で使われている車椅子の主流。 世界で車椅子の原型の起源は歴史があり相当古いと言われていますが、その歴史や日本での車椅子はどう進化してきたかについて詳しく解説します。
タイトルとURLをコピーしました