ルール・マナー

スポーツ・競技

ボッチャでのパドルの使い方!キャリパーや審判用具レフェリーの規則

ボッチャを始めたいときに必要なのはボッチャボールだけではありません。 ボッチャは競技ですので審判が必要。 ボッチャで必要な用品は、市販でもボッチャボールセットとして売っています。 よくあるセット内容は、ボッチャボール13個(白1個、赤6個、青6個)、審判用具として、パドル1個、キャリパー大中小1個ずつ、メジャー1個、それに加えこれらを収納するバッグです。 最低このセットがあると、ボッチャを行うことができます。 ボッチャ公式の競技大会などでは公式の審判員がいますが、リクレーション的な競技では、選手以外の誰かが審判をしなければならないとき、パドルやキャリパーの使い方を知っておく必要がありますよね。 ボッチャの審判が使うものでパドルの使い方、キャリパーの使い方をはじめ審判用具の使い方について、概略ですが解説します。
タイトルとURLをコピーしました