バリアフリー

選び方・買い方

家で車椅子を使うときは身幅と廊下での回転や曲がり角を考える

家用の車椅子を購入したり、レンタルしたりする場合に気をつけたいのは幅です。 その気をつけたい幅には2つあり、ひとつは車椅子の幅そして廊下の幅を確認しましょう。 屋内で車椅子を使う場合は廊下の幅より車椅子の幅がコンパクトでないとダメなことは分かると思います。しかし廊下は直線だけとは限りませんよね。車椅子と廊下の幅は回転することも考えておく必要があります。 廊下の幅や車椅子が回転するためのスペースなど、基本的な寸法の考え方があるので、実際に家に住む人、車椅子を使用する人も一緒に建築計画に参加して検討しましょう。 バリアフリーで車椅子を使用するときの、基本的な寸法についての考え方をご紹介します。
車椅子のサポート

車椅子のスロープ勾配角度で自力できるのは?計算方法とパーセント表示

車椅子でスロープを上り下りする場合、あまり急な勾配や角度だと介助がいる場合はともかく、自力で上るのは難しいし危険ですよね。 車椅子のスロープはどのくらいの勾配角度と幅があると自力で自走できるかは腕の力にもよりますが、自力で自走が難しいくらいのスロープは介助する場合でも難しいと思って良いでしょう。自走車椅子を自力、介助用車椅子を介助してスロープの勾配を上がり下がりするときの楽な勾配を説明しますね。 さらに、車椅子用のスロープの勾配と角度の計算をパーセントで表す方法を解説します。
車椅子のサポート

車椅子で段差を降りるときの押し方と上がるときの上がり方の注意点とポイント

車椅子を利用しているときにバリアフリーではなく階段などで段差がある場合、段差を降りる時の押し方や上がり方には絶対守って欲しい注意点があります。 車椅子で段差のがあるところを介助者が押す場合、段差の降り方、上り方を正しく行わないと、車椅子のバランスが崩れて乗っている人が危険な目にあってしまいます。 車椅子の介助方法で、段差を降りるときの押し方と上がるときの上がり方の基本的な注意点とポイントについて解説します。
タイトルとURLをコピーしました