車椅子スポーツ

車椅子スポーツ

車椅子バスケットボールの日本代表有名選手と女子エース!パラ出場者は?

いよいよ東京2020パラリンピック競技大会ですね!1年間延長し、辛抱した分、車椅子バスケで日本代表選手もメダル獲得を目標に、日夜トレーニングに励んでいたことでしょう。 車いすバスケットボール日本代表が、メダル獲得となれば、日本の車椅子バスケの歴史上、女子男子共に初めての快挙となります。 2016年のリオでのパラリンピックでは9位で終わった日本男子チームですが、東京2020パラリンピックの今年2021年はどうなるのでしょうか。 車椅子スポーツの花形と言われている車椅子バスケでは是非、決勝トーナメントに進出してメダル獲得を果たしてほしいですよね。 そのメダル獲得を目指す車椅子バスケットボール日本代表選手一覧と男子女子チームのエースについて紹介します。
車椅子スポーツ

車椅子バスケの競技人口と有名選手・健常者でも参加出来るの知ってる?

車椅子バスケは、1946年頃アメリカにおいて戦争で負傷した軍人達が始めたのが最初と言われています。その後、障がい者が行う車椅子バスケとして普及し、車椅子バスケの漫画なども人気となり現在ではパラリンピックなど国際身体障害者スポーツ大会でも花形スポーツの一つとなっています。 その車椅子バスケの競技人口や、どんな有名選手がいるのか、また健常者が車椅子バスケに参加可能となったことについて解説します。
車椅子スポーツ

車椅子バスケの持ち点制度は対象者の能力でクラス分け!車椅子の違いと特徴

車椅子バスケは1チーム5人ずつコート上に出場しますが、巧みに車椅子を操るスピード感あふれる攻防は迫力満点です。そのため障害者スポーツの中でも、知名度や人気の高い花形スポーツの一つです。ただし出場選手を見ると、ちょっと障害の程度が違うことに気づきませんか。 実は選手達には、障害の程度により持ち点が設定される持ち点制度があるのです。 その持ち点制度によるクラス分けや、車椅子の違いや特徴について解説いたします。
タイトルとURLをコピーしました