補装具費支給制度

補装具費支給制度

座位保持装置を小児に使う場合の申請手順とその種類と選び方

座位保持装置が必要な小児に厚労省の補装具費支給制度における補助金が、身体障害(知的、精神障害も含む)のある小児(0歳から18歳未満)も対象となります。 そのため、小児が座位保持装置を購入するときの補装具費を助成してもらうに各市町村などに事前申請が必要となります。 座位保持装置にも種類があり必要と判定された座位保持装置の支給決定がされます。 小児の座位保持装置の申請手順とその種類、選び方についてわかりやすく紹介します。
補装具費支給制度

座位保持装置機能と座位保持椅子の違い!車いすや車のシートでも使おう

座位保持装置の機能とは、自力で長い時間座ることができない人が座っていられるためのものです。 座位保持装置と座位保持椅子と似た名前のものがありますがその違いは、座位保持装置は主に車椅子に装着して使います。 座位保持装置と車いすの違いは、車椅子は障害者や歩行が不自由な方が利用する補装具ですが、一般的に折りたたみタイプで同じような形をしています。 車いすを利用する人が日常的に座っていますが、姿勢が悪くなる、同じ態勢で疲れる、お尻が滑って座りにくいという状態になる場合があります。 不良な座位を解消するために使用されているのが、座位保持装置です。 座位保持装置の機能、座位保持装置と座位保持椅子との違い、座位保持装置と車いすの違いまでを紹介します。
補装具費支給制度

座位保持装置は大人でも持ち運びができるバギーや車椅子に合うシーティングを

座位保持装置は、脳性麻痺などの肢体不自由者や事故や病気の中途障害により自力で安定した座位や姿勢が難しい小児・幼児から大人・高齢者までが幅広く使用するものです。 また座位保持装置の種類によっては、持ち運びができ、車のシートやバギー、車椅子に装着できるよう取り外し可能なものがあります。 バギーと車椅子を大人が座位保持装置を使うとき、持ち運びができるタイプの選び方や車椅子の選び方、補装具費支給についてを紹介します。
タイトルとURLをコピーしました