ボッチャ

ボッチャ

パラスポーツのボッチャ用具のランプは手作りできる?おすすめの素材は?

パラスポーツのなかでボッチャという車椅子を使った競技があります。 ボッチャで使用する用具のボールやランプは手作りすることもできます。 ただし、公式なボッチャで使用するボールやランプなどの用具は手作りでも日本ボッチャ協会が公認する国内選手権大会で使用する場合、ボールテストや器具検査で、競技規則の基準に適合している必要があります。 ボッチャをレクリエーションとする場合や非公式な試合や大会であれば、基準に適合してもしなくても、ボールやランプも手作りの用具でも試合を行うことがあります。 日本ボッチャ協会の公認や公式試合以外は、大会関係者や参加する選手達の了解を得れば良いのでみんなで手作りの用具などで楽しく試合をするというのが目的になりますよ。 ボッチャボールだけでなく、ランプ(投げることができない人が使う勾配具)も手作りしてボッチャを楽しみましょう。
ボッチャ

ボッチャボールの重さと代用自作でパラスポーツ用具を手作り!ランプは購入?

ボッチャで使用するボールの重さには決まりがあります。 ボッチャで使用するボールは、ジャックボール(目標白球)と赤色ボール、青色ボールがそれぞれ6個ずつです。 公式試合では使用するボッチャボールの基準は決まっていますが、基準を満たした球であれば自分のボールを使うことができるのをご存知でしょうか。 また、ボールの重さやサイズなど主な基準と、ボッチャのボールとして代用できるもののおすすめ。 ボッチャボール代用品や簡単に作れる自作球について紹介します。
ボッチャ

ボッチャルールの制限時間で同じ距離の場合は?健常者も互角に戦おう

ボッチャのルールのなかに制限時間があります。 ボッチャはルールが簡単と言われますが、障害者の方でも健常者でも守らなければならない共通のルールがあります。 特に障害者の方と健常者が一緒に競技をするときは、公平に競技ができるように工夫しなければなりません。 ボッチャのルールでは同じ距離になった場合、同じ距離が崩れるまで投球しますが、ボッチャのルールと流れ、基本的なルールと健常者が参加するときのルールについてご紹介します。
ボッチャ

ボッチャとはが簡単に分かる!ボッチャのゲームルールと人数と投げ方

2020年は東京でもパラリンピックが開催され、22種類のパラスポーツ競技が行われます。 そのパラスポーツのなかでも「ボッチャ」という競技の名前をご存じですか? パラスポーツの競技種目は、バトミントン、サッカー、バスケット、水泳など健常者の競技大会でも行われるスポーツなら観戦する人もルールはある程度わかりますよね。 パラスポーツの「ボッチャ」という競技はあまり知られていませんが、障がい者も高齢者も誰でも参加出来る人気のスポーツなのです。 ここではボッチャとは簡単にどんなスポーツなのか、ボッチャのルールやゲームの人数、またボールの投げ方をはじめ、特徴などをわかりやすく解説いたします。
タイトルとURLをコピーしました